暇つぶしの研究

主に記録用。

関ジャニ∞の元気が出るLIVEDVDをみて

発売となりました、関ジャニ∞の元気が出るLIVEのDVD。

全DISC見ました。

これから良かった点や疑問・腑に落ちなかった点、改善してほしい点など記すことにします。(随時更新予定)

 

大倉さんがいないことで、7人で行うことの重要さを感じました。一人欠けるだけでこんなにもクオリティの低い音楽になるのか、ハリがないグループになってしまった印象。

 

バンド演奏

ドラムがいないことで盛り上がりにかける。ただ、いつもは隠れてしまう音がよく聞こえてきた。音を楽しみたい私は少し嬉しかったり。

・ハモリ

大倉さんの低音がない分、歌に厚みや深みがなく、寂しく感じました。

 

必死さを見せないあたりもさすがだと感じました。裏でどの程度打ち合わせをしたのかわかりませんが、カバーしようと個々が率先していたため必死さが少なくプロを感じました。

 

・ぐだくだ

とはいえ、ぐだぐだなところも多く、このぐだくだ加減、最高。必死で楽しませてくれているのが伝わりました。やっぱり強いな関ジャニ∞

 

 

・eighterを映す意味

映っているeighterはキレイな人、男、子ども、ノリノリな人。見ている側も嫌な気持ちはしません。正解です。

普段のDVDでも他のグループに比べてファンを映す時間は多め。それより多い今回。eighter映しているとき関ジャニ∞は何をしているのかな?今のところ関ジャニ∞映してよ!そう思うところありすぎました。

それと、ヒール履いている方や盛髪の方映していましたね。マナー違反するなというメッセージが込められているのかな?でも、映った!という喜びで増えてしまう恐れが大いにある。今からでも編集してほしいくらいだ。

 

・構成

ドキュメンタリーを見ているようでした。

演奏時、手を映してくれるのとっても嬉しいです。

ダンスの時 もっと個人カットや全体のカットを入れて欲しかった。それと足元映してほしい。

LIFE ~目の前の向こうへ~でアンプを踏むすばるくんが映ってないことに不満があるがあります。 

コール&レスポンスがあることにより、一体感が出て、どこの席でも楽しめます。

大倉くんの演出は最高です。

横山さんの監督も素晴らしい。

 (その他いろいろあるのだが(セトリ等は)個人の好みなので控えます)

・メイキング

少ない。

言うほど大倉さん映っていない。7人Ver.の演奏やダンス(特に通常のKING)はフルで載せてほしかった。

my store ~ 可能性を秘めた男達 ~は関ジミ3でフルを入れるべきです。

関ジャニ∞が変なノリで楽しそうに笑い崩れて練習してる風景、出来なくて苦戦して文句いいながらも諦めない姿を見て、私も頑張らなきゃってなる、それがない。

すば散歩もなくて残念。

関ジャニ∞の声があまり入っていないので、私たちは何を見たくて購入したのか疑いたくなる。関ジャニ∞らしいメイキングではない。寂しい。

元気が出る手帳の落選者に配信された映像と同じ部分が多々使われていて、「ん?」となりました。あの動画のレア感ゼロ。金で買えるのか、なーんだ。

今までのメイキングとの差がすごいため、ダメージが大きい。

メイキングに編集技術なんていらない。そのままの裏の姿を見たい。それが素でなくとも、、、、

 

・MC

短い。

毎度のことだが、今回は特にいいところがカットされている。

個人しか映しておらず、全員のカットが極少。

すばる君いないの?と思うぐらい映っていない。

後ろのモニターは7人カットにしてほしい。

キャンジャニ∞のトーク部分のダイジェストがないのはいかがなものか。

松原.トークも厳選して入れるべき。

福岡の日にち間違えるって……ダメでしょ。

 

WASABIは最高でした。

ただ、映像は1回でいいかな。

 

・エンドロール

私はいつも この衣装いい!このデザイン素敵!となったらエンドロールで携わったスタッフさんを探します。いつもはローマ字表記だから分かりづらくて苦戦していました。今回は漢字だ!とウキウキしていたらあっという間に終わっていました。プチパニック起こしました。

エンドロール長いのはそこまで好きではなかったが、いざなくなると寂しいものです。

エンドロールが好評だった時代を思い出してほしい、、、

 

 

それに加えて、1分間の値段が過去数年のDVDと比べると高めです。

 

rrr8008rrr.hatenadiary.com

 

rrr8008rrr.hatenadiary.com

 

 

 

 

大倉さん及び向こう側の人間が見て、自分一人が多くの人に影響を与えていること愛されていることを痛感するためのDVD。

eighterの声を聞いて関ジャニ∞が自分たちのあり方を再確認するためにしか思えない。

eighter(少なくとも私)が見たかったのはオーラスの出来事を笑いに変えるそんなエネルギッシュなDVD。そう、『関ジャニ∞の元気が出るDVD』と名付けられるものにしてほしかった。

 

関ジャニ∞の元気が出るCDも企画もビジュアルも良かった今回、その分悔しくて悔しくて仕方がない。

 

オーラスのあの感じはたくさんの人が見るべきで各々が何かを感じるべき。だから映像化は正しい。

しかし、大倉さんの穴を埋めるのはeighterではない。eighterは応援や声援を送ることは出来る。見守ることも出来る。彼らが進むべき道をアシストすることも出来る。

ただ、大倉さんの代わりは誰にも出来ない。関ジャニ∞は必死に盛り上げてくれた。それは伝わるし最高だった。だけど、穴なんて埋めた気でいるだけで実際埋まっていない。

 

eighterを映すことによってeighterも関ジャニ∞の一員ですよってアピールするのも違う。

それは押し付け。

 

元気が出るLIVEツアーに参戦できなかったeighterもたくさんいて、そんな大倉担もたくさんいる。DVD化はそういう方々のためのものでもあるのべきではないだろうか。

 

確かにオーラスはあの時の関ジャニ∞の全てだったかもしれない。でもこのツアーの全てではない。

とってもかっこよくて可愛くて最高のおっさんを、このパフォーマンスを、多くの人に見て欲しかった。……

 

 

映像に残すのは関ジャニ∞7人の一年の成長で

関ジャニ∞とeighterの絆はその場で体感するもの

そう私は考える。