読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしの研究

主に記録用。

楽曲から見るメンバーの想い

 

ある時、暇だった?のでメンバー自ら作詞作曲をした楽曲の歌詞を比較してみました。

これを見ていると、それぞれの性格や想いの表現に違いが見えてとても面白かったので、ブログにてまとめさせていただきます。

 

調べた楽曲は

*(  )は誰に向けたのか

①All is well (eighter)

[アルバムJUKE BOX通常盤に収録]

②ありがとう (関ジャニ∞

[LIVEDVD JUKE BOX初回限定盤、十祭に収録]

関ジャニ∞の元気が出るSONG (関ジャニ∞eighter)

[アルバム関ジャニ∞の元気が出るCDに収録]

 f:id:rrr8008rrr:20160830163527j:image

横山

関ジャニ∞がとにかく大好きだと伝わります。そして、eighterのことを大切にしてくれていることも。

渋谷

1人ではなく、仲間がいることを書いています。そして、ずっと笑顔でいたい。彼の笑顔には関ジャニ∞が必要不可欠であり、eighterと関ジャニ∞の関係を表してくれている気がします。孤独に感じた時はここの歌詞に勇気づけられそう。

村上

まさかの二曲とも短い!!そして『カタチ』が二曲とも使われている!揺るぎない未来と日々の積み重ねが今になる、そんなメッセージでしょうか。村上らしい。

丸山

優しくも強く頼りたくなる。人間らしさが滲み出ているというか…。eighterが不安に思うことそれを分かってくれている安心感。過去があり今がある、そんな考え方を持っていると感じる。

安田

過去を踏まえたうえで、未来に向かっている様子がうかがえる。また韻を踏むことも忘れない。安田らしい表現だ。

錦戸

錦戸さんらしさ伝わる歌詞。弱気で、絶対といえ約束はできないけど、そこには覚悟が見られる。

大倉

向けた相手が不特定多数であろうと、一対一で考えている。元気が出るSONGはファン、メンバーどちらに向けて書いたのか分からないが、下線から守られる側から守る側になったことが読み取れる。『いつも』思い続けてくれていることが分かる。

 

こうして見ると、関ジャニ∞って関ジャニ∞のこと本当に大好きだし欠かせない存在であることを感じます。また、私たちeighterに対して大きな愛を与えてくれています。なんて幸せなんでしょう。関ジャニ∞がやることに対してヤイヤイ言っていた自分が恥ずかしくなります(笑)

 

 

最後に、これはあくまで私個人の感じ方です。読み取り方は人それぞれ変わってくると思います。みなさんも関ジャニ∞の想いを改めて感じてみてはどうでしょうか。