暇つぶしの研究

主に記録用。Twitterでツイートするには長いと思うことをここにまとめています。コンサートや舞台などのレポはメモをとっている訳ではないので、記憶違いなところがある場合もあります。見つけた際は、遠慮なくご指摘のコメントをください。

NOROSHIを視聴した感想。

2016年12月7日に発売されたNOROSHI。

関ジャニ∞がこのようなテイストのシングル曲を出すなんて、珍しいこと。とてもかっこよく、とてもいい曲。なのに売れなかった。三種の形態を出したにも関わらず、だ。このままでは二度とこのような素敵なシングルを出すことができなくなるかもしれない、、、

初週売上はとっくに過ぎてしまったけど、今からでも遅くない。私が記事を書くことで少しでも売り上げに貢献できたら、、、と思い、私のNOROSHI三種のおすすめポイントをざっくり書かせていただきます。

 

NOROSHI(初回限定盤A・B 通常盤に収録※MVは初回Aのみ)

バンド演奏がとにかくすばらしい。ベース・ドラム・トランペット・キーボード・ギター、一つ一つの楽器の音が生かされていてたまらない。

歌詞が深い。現代人を反映した歌詞。自分に言われているようで心が痛む。そして泣く。

男臭くて人間らしさがあり、関ジャニ∞にしか表現できないものを感じる。

 

ふわふわポムポム(初回限定盤Aに収録)

笑う。この文句無しの楽曲が集結した中にまさかの作品。訳の分からなさがまた関ジャニ∞らしい。あれ?夢の国?なイントロから始まり、それを良い意味で裏切る。歌詞の通りそこに意味などない。だけどハモりも綺麗で心地よかったり。一度聴けば依存症状を発症すること間違いなし!とっても幸せな気分にさせてくれる1曲。

 

セッションムービー(初回限定盤Aに映像のみ収録)
こんなの聞いてない。
音楽やってる関ジャニ∞って何よりもかっこいい。とにかくかっこいい。関係性が見え隠れするところもたまらない。私服もたまらない。とにかく良い曲だし、かっこいいし、関ジャニ∞のバンドって捨てたもんじゃない。とにかく たくさんの人に見てもらいたい。

 

Black of night(初回限定盤B・通常盤に収録※MVは初回限定盤Bのみ)
メンバーである安田章大 総合プロデュース。さすが。安田章大のこだわりが見える。いつもとは違う珍しい歌割り、ダンス。このサウンドの仕掛けを雑誌等で語っているのだが、それを踏まえて聴くと鳥肌ものだ。MVは一つの映像作品としてすばらしく、賞をあげたいくらい。

安田くんのプロデュースだからいつも以上に一生懸命なメンバー。だけど、撮影時にわちゃわちゃもしている。あぁ これぞ関ジャニ∞だぁ。

 

Winter Love Song(通常盤に収録)

関ジャニ∞の冬の曲って感じ。

出だし安田章大、そしてAメロ丸山隆平はアカン。ずるい。切なさ倍増だわ。と思ったけど、歌詞は切なくはない。未来を願っているのだ。とても綺麗なの。あぁすごく好き。

 

ハダカ(通常盤に収録)

すばるくんの作った曲という感じ。

歌詞は横山さんらしく 可愛い可愛い。

トランペットとハーモニカで雰囲気が変わる。

そして、まさかのユニゾンではなく!横山さん下ハモ!!!

今までの横すばはどこへやら。成長した横すば。強い。

 

 

どの円盤を買おうと、それは、これぞ関ジャニ∞と思わせてくれる。これだからeighterやめられない。

みんな買おう。

あなたの「こんな関ジャニ∞を見たい 聞きたい」を三種いずれかが叶えてくれる。一枚でいいから、一枚買えば関ジャニ∞の未来に光が差すから、、、

 

(インフィニティレコーズさん。やればできるんだからLIVEDVDでもこれくらい見せてよ。

もっと宣伝しよう?)

 

購入はこちらから↓

books.rakuten.co.jp