読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしの研究

主に記録用。

ジャニーズカウントダウン2016-2017に参戦して

私は初めてジャニーズカウントダウンコンサートに参戦してきました。

私は特に掛け持ちをしている訳ではないので、行ったことのあるコンサートに偏りがあります。そのため今回のような複数のグループが集まる場に行き、雰囲気やファンの違いを感じました。そういった私が感じたまま、また関ジャニ∞の観察記録をここに綴ります。

 

まずファンの身なりや行動です。

私の苦手なザ・ジャニヲタ(髪の毛巻いてリボン使用 フリフリ ザ・女子な服装 厚底ヒール センスのない服装)な人が多いなぁと。盛り髪ヒール 使用禁止の団扇の素材等 マナー違反も見つけました。関ジャニ∞のファンにこういう方がいない訳ではないですが、比率的には高いかと。

 

続いてレポ及び感想。

座席は一塁側天井中段、双眼鏡を使用しテレビに映ってないところに目を向け、主に関ジャニ∞を観察していました。

 

キスマイが始まる前の中継的が終わったらお手ふりしながら去っていった。誰が誰だか全くわからなかったけど可愛さだけは伝わった。

 

放送開始前に披露された曲は聞いたことのない曲が何曲かあった。OAでシングル曲を披露するから仕方ないのだが、他グループの楽曲を把握しきれていない身としては付いていけなかった。

 

OA始まる前に生田アナが良かった。

兄は実家にいると説明ありました。
「めざまし派の人〜ZIP派の人〜」
のやりとり楽しかった。そしてナイスタイミングで入ってくるTOKIO。ちなみにTOKIOはやっぱりZIP派。

 

カウコン放送1曲目TOKIOスタンバイ中にもう出てきちゃったNEWS。それにキャーーーがすごくてTOKIOいじける。TOKIOから「そこに座っとけ 変な格好して」との注文があり手越くん寝転がる。だが、そこはさすが手越祐也。様になっていた。

TOKIO兄さん「俺たちあとでまわるから手振ってね」

 

嵐と中継結ぶ前のCM中

バクステスタンバイ 翼くんと丸ちゃんハグ

長瀬くんがメリーさんの真似?しててメリーさんと名前を出す。村上くん「名前はだしちゃダメ」 この流れで「さんちぇ よんちぇ なんちぇまでいるの。」「TOKIOが話すと静かになるね。」村上さん「笑ってるの関ジャニ∞だけっすよ。」これ割と正しかった。

 

花唄スタンバイに向かうとき、金髪銀髪集合していた。髪型で安田章大を追ってるので頭プチパニック。

 

放送終了後の挨拶が終わるとはけていくんだけど、Vさんの一部が戻ってきてくれてそこからみんなはけなくなった。

 えびの一発芸の交わし方w「カウントダウンTVでこれから披露しますので〜」
「これフジテレビだから!!」とTOKIO兄さん。
JUMPの挨拶の時「伊野尾メレンゲありがとな!」と松兄。あのあと 少し締められたらしい。
丸挨拶?一発芸? 「腸の調子を整えて〜」

 

 

関ジャニ∞レポ

基本的に丸ヒナずっと一緒にいて可愛かったんだけど、エンディングでメインステージ向かうとき、村上さんがゆっくりのんびりファンサしながら向かってるから丸ちゃんが「早く行くよ」的な感じで迎えに行ってて激かわでした。

 

すばるくんと横さん履けるところ間違える


誰ふり構わず投げチュー村上くん


安田くん手振ったりお辞儀したり。

相変わらず丸山さんはファンサ王子。


スケート脱いでトロッコ乗る時やすば抱き合う。

 

前向きずっと全力で踊ってた。きっと自分たちで歌う時よりしっかり踊ってた。

 

最後の挨拶、丸ちゃん頑張った。宮田くんは丸ちゃんに弟子入りするって

 

WESTの挨拶の番、とっても心配な村上さん。
村上さんは笑う時前屈みになるから表情わからなくても笑ってるって分かる。

 

どのグループよりも早くお辞儀をする関ジャニ∞

 

 

その他グループ感想

 

登場した途端、嵐の空気になってすげえなと。

櫻井くんは自分が仕切らねばと最初は気が張ってるように見えた。けど空気が読めたのか後ろに下がってVさんや横さんと談笑?してた。

 

A.B.C-Z

塚ちゃんステキ。ファンサステキ。

OA前かな?はっしー歌えないところあって可愛かった。

 

Hey!Sey!JUMP

山田涼介の美しさ 高木くん金八良き 対決も良き。

 

Sexy Zone

まとまる気のなさがとてもいい。訳分からなくて良き。

 

 

ちなみに……

MVPを発表前のCM中、特に何もありませんでした。誰も話しておりません。

 

最後に……サンキューSMAPの件について。

岡本父「テレビ写ってないよね?サンキューSMAP」に続き、V6(いのっち)タキツバ(翼)言いました。(他のグループはやはり先輩であるSMAPをさん付けせずに言える空気ではなかったので言えなかったのは仕方ないかと。)
長瀬くんから最後にSMAPに拍手。

最後、少ししんみりした会場をメンバーに支持され一発芸で空気を和ました丸山隆平。これもおそらくメンバーである村上信五の指示であろう。二人ともいい仕事をした。(贔屓目)

この一連の流れはワイドショーなどで放送されたかと思います。私がその放送を見て思ったことが 美化されすぎ です。会場で感じたものは、所属タレントの葛藤やもがき、会場みんなのSMAP解散の悲しさとSMAPのことに触れてくれてありがとうが溢れていました。現場が一つになった瞬間でした。それをテレビにしてしまうと薄れてしまっていたので残念でした。もし、放送を見て不快に思ったSMAPのファンの方がいるのであれば、それは違うかも。もっと深いものを感じました。

 

以上、初めてエイターがカウコンに参戦した感想でした。