読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしの研究

主に記録用。

「ふりむくわけにはいかないぜ」に対する熱烈な想いを語る

私の大好きな曲「ふりむくわけにはいかないぜ」について独断と偏見で語らせていただきます。

 

この曲は2015年11月11日に発売された「関ジャニ∞の元気が出るCD」に収録されている。サンボマスターの山口さんからの楽曲提供だけあり、独特のメロディーになっている。それを関ジャニ∞はバンドで披露し、演奏をこなしてる。

関ジャニ∞の魅力であるハーモニーはあまり見られないが、魂で歌う関ジャニ∞に引き込まれる。

7人の音域がバラバラな関ジャニ∞だが、それぞれに合っている。

 

私が注目する部分は

苦しむために生きないで あなた自身を愛してくれ

夜風が僕に告げたんだ 渡せよ 自分にラブレターを

打ちぬけよド真ん中

ざわついた心今夜でケリをつける

 

この部分を歌っているのが丸山安田渋谷の順だ。

ポリネシアン・常に芝居をしていると言われる根暗の丸山が「あなた自身を愛してくれ」と歌い、

誰もが認める優しさの持ち主で人の幸せを喜ぶ安田が「渡せよ 自分にラブレターを」と歌う。

そして、自分の信じた道を不器用ながらもまっすぐに進む渋谷が「ケリをつける」と歌うのだ。

説得力ありすぎて、パート割神としか言いようがない。

 

この曲はおそらく失恋ソングだ。しかし、失恋に限らず生きる勇気を与えてくれる。

 

女々しく、人間の弱い部分をさらけ出しつつ、男のプライドで前へ進もうとしている姿を描いた歌詞。それは、いつも等身大で男臭くがむしゃらな彼ら"関ジャニ∞"にぴったりだ。

 

まだ聞いたことのない人はぜひ聞いてほしい。あわよくば、「関ジャニ∞の元気が出るCD」のレンタル、いや、購入をお願いいたします。