暇つぶしの研究

主に記録用。Twitterでツイートするには長いと思うことをここにまとめています。コンサートや舞台などのレポはメモをとっている訳ではないので、記憶違いなところがある場合もあります。見つけた際は、遠慮なくご指摘のコメントをください。

JUKE BOX LIVEDVDのすばらしさについて語る

 

皆さんご存知、関ジャニ∞LIVE TOUR 2013→2014 JUKE BOX

これが収録されている、DVDがいかにすばらしいか個人的な感想と注目ポイントをまとめます。

つい最近関ジャニ∞を好きになって、JUKE BOXを見たことないという方、必見です。初回限定盤はもう定価では手に入れられないかもしれないけど、、、通常盤でも十分!アルバムだけでも素晴らしい!!

 

購入はこちらから↓↓↓

Amazon CAPTCHA

 

JUKE BOXのLIVE DVD(初回限定盤)は4枚組となっております。

DISC1 TOURファイナル(京セラドーム)公演前編 <103分>

DISC2 TOURファイナル(京セラドーム)公演後編 <85分>

DISC3 TOURメイキング 各会場MCダイジェスト <240分>

DISC4 男気対決罰ゲーム <173分>

 

なんと!これで6480円(税抜き)!!安すぎません????

 

他のDVDの価格比較はこちらの記事を↓↓↓

 

rrr8008rrr.hatenadiary.com

 

そして、この値段を上回る内容になっているんですよ。

 

 

ここから実況っぽく語っていきます。

 

まず、オープニング。

メンバー同士のハグ!!!!!!

固い絆!!!!!!

とにかくメンバー愛愛愛愛愛!!!!!!

祈る姿からは関ジャニ∞がLIVEにかける想いが伝わります。

今までこういったところを収録してこなかっただけに、好き!ってなる。ドキュメント風。

 

映像もかわいいイラスト。そしてかっこいいエイトさん。世界観を大切にしているところがたまらない。

 

一曲目が、ファンに大人気ダンスナンバーである『ブリュレ』をまさかのバンドアレンジ!!!!!!!!!超絶かっこいいし、勝負してきた感。高得点です。

 

衣装もシンプル。だけど、熱い。

 

ここからバンド曲が続くのですが、

とにかく良い!!!!!!!!!

演出もちゃんと映してるんですよ。
引きからのアップのタイミングが絶妙。
アングルが良い。とにかく良い。

映すべきところを映すべき瞬間にしっかりと映している。

 

魂を楽器に、歌に。

煽るように撮っていることもあり、

その臨場感が伝わる。

 

完全に私の好みの問題なのですが、

『夕闇トレイン』がたまらんのですわ。

ベースの音が良い。

 

皆さんに注目してもらいたいところは『宇宙に行ったライオン』に「初めて得た仲間に」という歌詞があるのですが、ここで関ジャニ∞が誇るメインボーカル渋谷すばるが後ろを向き、メンバーを一人ずつ指を指すんです。

ここは涙が…

 

その後に挨拶が入ります。

渋谷すばるのロック魂全開の挨拶に始まり、

錦戸亮の相変わらずボソボソ挨拶、

横山裕の謎の提案の挨拶 それをやる大倉丸山、

変な気持ちにさせられる丸山隆平の挨拶 それに笑うメンバー、

大倉忠義のとっても熱い挨拶、

安田章大の可愛い自己紹介からの男全開挨拶、

村上信五丸山隆平から変な気持ちを全て出した挨拶。

スタッフの声も聞かせてくれる、すごくいい。

村上信五のお決まりのお言葉『バカになろうぜ〜』をやる安田大倉。それにすんごい顔で駆け寄る村上。こわいwww

 

初っ端から飛ばしているにも関わらず、失速しないのがJUKE BOXの神がかっているところ。

 

ここからはいちいち可愛いです。

安田大倉、村上丸山、丸山安田、、、

『あおっぱな』のサビ前の振りを即興で丸山に合わせる関ジャニ∞って最強。

『T.W.L』のすばるくんの『君に向かい歌ってるんだって 届いてますかーー』がたまらない。

『TAKOYAKI in my heart』はスタッフさんもメンバーもみんな笑ってるのがとてもいい空気感であることが伝わる。

 

そして、ここでまた雰囲気が変わります。

映像が流れ、これまた凝っていてすごくかっこいい。

ダンスナンバーが続きます。

相変わらず揃ってはいませんが、テレビでは見せないかっこよく踊る関ジャニ∞

激しく踊る→大人の落ち着きダンス→バラードと徐々に変化。

『青春ノスタルジー』からの『クラゲ』は横山裕のトランペットと共にコーラス ハモリが素晴らしいのです。メンバー愛を感じるところでもあります。

そして、前半最後の曲『ココロ空モヨウ』。こういう曲調のバンド曲を入れるの下手くそだな〜と思いながら、この曲はベースとシンバルの音がすごく良くて。爽やかで明るくて未来を切り開く感じがすごく良い。とにかく好き。

 

ここでMC。

やっぱり掛け合いはさすが。

 

ここから二枚目に入ります。

 

まず男気対決である『ビースト!』。しっかりPVも載せてくれているところがいいですよね。スーツ×メガネがたまらなくかっこいい。「店長」というところで"転調"している工夫はさすが。そして、自らの提案である ふんどし!!脱がないとわからないところにグッズであるボディーシールを貼っているところもポイントが高い。最後の歌詞の日本の男の名前は全て石原軍団なんですよね。おもしろい。

一方の『狩(仮)』。ぶれにぶれまくり様々なコスプレをしてきたが、DVD本編に収録されているのはノーマルタイプ。こちらはハーモニーが素晴らしいです。歌詞が韻を踏んでいるのがさすがですし、おもしろい。PVの演出もおもしろい。

 

またまた雰囲気が一変し、泣ける『あなたへ』。ハーモニーがすばらしすぎるし、こういう曲調は関ジャニ∞の歌唱力の高さを感じられるのでもっとやってほしい。

泣ける曲は一曲で終了し『へそ曲がり』『ズッコケ男道』『無責任ヒーロー』と続く。『へそ曲がり』に関してはカメラが上から全体を映したり足元に焦点を合わせていたりアングルが良い。

 

ここからまたバンドメドレー。

ここは本当にたまらないところ。

『Your WURLITZER』の年下によるバンド演奏は綺麗で美しい。そして、渋谷すばるのラスボス感。かっこよすぎる。

『West side!』を聴いてると、関ジャニ∞に付いて行ったら間違いない 最強だなって思わざるを得なくなる。

そして休む間もなく『レスキューレスキュー』 へ。この曲でのヘッドバンドが見どころの一つ。顔がかっこいいとかそういうことではなく、男として、一人の人間としてかっこよすぎる。

『Eightopop!!!!!!!』が終わったあとに力尽きた大倉忠義がかっこいいし、これこそ関ジャニ∞大倉忠義って感じ。

とにかくカメラのカット割りが最高すぎて最高。

 

ラストの曲は安田章大が作曲しメンバー全員がファンであるeighterへの感謝の気持ちを作詞した『All is well』。

この曲に入る前に安田くんが挨拶をするのですが、ちょっと長いし笑えるしチャラいし頼りがいあるし漢だし可愛いしかっこいいしで安田章大が詰まった優しい挨拶になっている。

『All is well』を歌う関ジャニ∞は優しくて力強いんだけど不安そうでもあって。涙を流しながら歌うその姿を見ると関ジャニ∞を好きになったことを誇りに思う。

この曲を聴く度に、私たちの方が感謝しきれないよって思い、直接伝える手段がなくて悔しい気持ちになるのです。

 

そして、アンコール。

最終日なので男気対決の結果発表。

映像の「入居者募集中!!!」が個人的に好きすぎる。

関ジャニ∞の緩くて仲の良さが全面に出ております。可愛いです。

 

『イッツ マイ ソウル』の「すいっちょん」がいいよね〜。すばるくんの顔芸に笑い崩れ落ちるメンバー。笑い声がマイクに入る関ジャニ∞って最高だよね。

 

そして、いろいろなメンバーに感謝を述べる時間。この時に(邪魔にならないように?)座り込んでる関ジャニ∞ダンサーさんたちのサービス精神ステキ。スタッフはもちろんだけど、ドームにも感謝するところも良い。

観客も全員 最後に手をつなぐところは関ジャニ∞のLIVEの醍醐味でもありますよね。

すぐ手を離し銀テに食らいつく姿は美しくないけれど。

 

エンドロールは本編に載っていない『ここにしかない景色』のRemixにのせて。世界観を崩さずに名場面をたくさん流してくれている。

毎回評判良かったRemixとエンドロール。

エンドロールを観ているだけで、このLIVEの楽しさが伝わってくる。

 

 

全体的にこのJUKE BOXは関ジャニ∞の絆といいますか、私が関ジャニ∞の一番好きなところを映してくれているんです。

関ジャニ∞DVD恒例の観客(ファン)が映ることも比較的少なく、楽器を演奏している指と顔を映すタイミング、下から撮っていたり、躍動感がすごい。

 

丸山隆平の上ハモがピカイチ。ベースとドラムが良いセッションをしている。

みんなが感情を露わにしてパフォーマンスをしているところがいいですよね。

 

先に述べたのように、JUKE BOXは失速しない。息継ぎをさせる隙を与えない。

映像も次の曲への雰囲気作りを上手にしている。

ペンライトが一色のものだったらなおさら綺麗だったろうに。

 

JUKE BOXは関ジャニ∞のジャンルにとらわれないという魅力を最大に活かしている。このLIVEはアンコール含め29曲披露しているのですが、そのうちシングル曲が10曲。カップリング曲はたった1曲、未音源化のものはやっていません。ほかのLIVEよりカップリングと未音源化の曲の披露数が少ないのです。だけどこの満足感。これはやっぱりアルバム収録曲の幅広さが故だろう。

アルバムからは『北風ブルース』を除き、全曲披露されている。

 

関ジャニ∞のバンドが好きという方はJUKE BOXを好きな方多いのではないでしょうか。

また、関ジャニ∞=わちゃわちゃ というイメージの方に見せると、ギャップを感じてくれることでしょう。

本気で音楽をやっている関ジャニ∞って最高で最強でしょ?って自慢したくなるLIVE DVD。

 

初回限定盤の特典も盛りだくさん。

四枚目に関しては約一時間で曲を作詞作曲しろという指令があり、見事仕上げました。これが、とってもいい曲。

10周年イベントの十祭で披露していますので是非チェックしてみてください。

十祭の購入はこちら↓↓↓

Amazon CAPTCHA

 

とにかくJUKE BOXのすばらしさを文字に起こしたくて、書き始めたこの記事。私の語彙力のなさと文章力のなさにより、伝わっているのか不安ではありますが、、、。少しでも魅力を感じてもらえれば幸いです。

私は関ジャニ∞のLIVEDVDはEXCITE!から全て持っており、鑑賞しています。その中でも見返した回数が圧倒的に多いのがこのJUKE BOX。上記で綴っているポイントを含め、このJUKE BOXのLIVEDVDはライブを感じさせる映し方になっていると思います。だから何度も見たくなるし、関ジャニ∞を感じられる作品になっていると考えます。

私の個人的にグッとくるところを感じたまま綴ったのでつたない部分が多々あったと思いますが、ここまで読んでくださりありがとうございます。